鹿教湯温泉旅館協同組合

鹿教湯温泉について

鹿教湯温泉 〜鹿が教えた湯〜

伝説と伝統に彩られた奇跡の温泉
「鹿教湯温泉」

環境庁指定の国民保養温泉地であり、古くは江戸時代より
湯治場として栄えてきた「鹿教湯温泉(かけゆ おんせん)」。
温泉の効能にも自信を持ってお勧めいたします。

やわらかい温泉です

「とっても柔らかい」と皆様から評判のお湯です。
無色透明、クセのないのも特徴。
湯上りあとは、「カラダの芯から温まった」のが実感できます。
それは、弱アルカリ性単純温泉の
鹿教湯温泉だからこそ。

泉質
単純温泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)
特徴
ほとんど無色・透明
泉温
46.0℃ (調査時における気温30℃)

杖要らずの湯

「足腰の痛みが取れました。」
お客様からそんなお褒めの言葉もいただきます。
神経痛・関節痛・リュウマチなど
体の疲れを癒すのに最適の温泉です。
古くから湯治場としての歴史がここにあります。

効能(浴用)
高血圧症、動脈硬化症、脳卒中の後遺症、
慢性関節リューマチ、慢性筋肉リューマチ、神経痛、
骨及び関節等の運動障害および疲労回復

飲泉番付でも“東の大関”の湯

とても飲みやすい。冷やしてアルカリイオン水としても
美味しい温泉です。飲泉の効能もバッチリ
温泉地内に数箇所、飲泉所もございます。

効能(飲泉)
便秘を主とする整腸作用、胆汁分泌促進作用